新潟県中小企業団体中央会

  • サービス業(他に分類されないもの)

企業グループの支援を通じて、新潟県の活性化を目指します。

 中小企業団体中央会は中小企業組合の支援機関として、中小企業等協同組合法に基づき各県に設置をされており、新潟県では県下約650の組合を会員として、その支援行っております。
 当会の会員は、法律に基づいて中小企業が集まって共同で事業を行う組合(通称、中小企業組合)です。
 新潟県印刷工業組合、新潟縣信用組合、新潟県旅館ホテル生活衛生同業組合、新潟県電気工事工業組合等、各業界ごとの組合や異業種の組合、最近では農業関連事業者の組合や日本初の漫画家の組合などが新しく誕生しています。(※労働組合とは異なります。)
 当会では会員組合支援はもとより、新規の組合や任意グループの創設から、業界同士のコラボレーションによる新商品・新サービスの開発等の支援も行っています。

こんな会社です
会社名
新潟県中小企業団体中央会
設立年月日
昭和30年12月
代表者
堀   一
従業員数
48名(正職員24名、非常勤24名)
主要取引先
国、県より助成を受けて事業を実施しています。
所在地

本社: 新潟県新潟市中央区川岸町1丁目47番地1新潟県中小企業会館3階

その他所在地
新潟県ものづくり支援センター(新潟市中央区川岸町1丁目47−3 新潟県経協会館内)
ものづくり補助金事業推進室(新潟市中央区白山浦1丁目614−5 白山ビル内)
OB・OG大学
  • 新潟大学8名
  • 明治大学1名
  • 新潟経営大学2名
  • 神奈川大学1名
  • 専修大学2名
  • 新潟産業大学1名
  • 新潟県立大学1名
  • 産業能率大学1名
  • 千葉商科大学1名
  • 慶應義塾大学1名
  • 日本大学1名
こんな仕事をしています

中小企業組合やグループの活動を全面的にサポートしています。

 当会の会員には、約650組合・団体(約86業種、構成員企業 延39,114企業)が加盟しており、会員組合が事業を行う上で法律、税務、会計等様々な課題の支援を行っております。
 当会会員の組合が事業を行う上での、法律、会計、税務、労働等の課題についてアドバイスを行う、経営コンサルタントのような仕事です。
 高度な案件については、弁護士や税理士、社会保険労務士等の専門家と協力して支援にあたることもあります。
 販売促進支援のための展示会の出展支援やバイヤーとの商談・相談会等も行い、中小企業がグループで行うビジネス展開の全般を支援しています。

業界同士のコラボレーションを支援!新潟の魅力を外へ売り出せ!

 新潟県には、まだまだ世の中に知られていない魅力が眠っています。
業界同士のコラボレーションにより、新潟県の味や技術を世の中に広め地域活性化の支援をしています。
 若手を中心としたプロジェクトチームを組み、下記の事業実施や販売促進支援を行っています。

・県内仏壇三産地連携「五百年(いおとせ)」プロジェクト(写真左上)
 新潟県内の仏壇三産地が連携し、仏壇の技術を使った新しい商品を開発するブランド「五百年(いおとせ)」を立ち上げ、商品開発や販売促進支援を行っています。

・新潟県菓子工業組合×にいがた雪室ブランド事業協同組合連携「新潟雪室そだち 粉雪物語(スノーボールクッキー)」の開発・販売支援(写真下)
 新潟県のお菓子屋さんが加盟する新潟県菓子工業組合と雪室コーヒーなどの雪室商品を展開するにいがた雪室ブランド事業協同組合が連携して、コラボ商品の開発・販売促進支援を行いました。

・新潟県すし商生活衛生同業組合×安田瓦「瓦器(がっき)」(写真右上)
 新潟県のお寿司屋さんが加盟する新潟県すし商生活衛生同業組合青年部と安田瓦協同組合青年部が当会事業を活用した懇談会から、安田瓦を用いた寿司用の器「瓦器(がっき)」が誕生しました。当会ではパンフレットの作成等販売促進支援を行っています。