中村精工株式会社

  • 製造業

いつかはシャトルの工具箱

中村精工は、1959年に創業以来、工具箱を主力製品として、加工・組み立て・出荷を業務としています。
さまざまなモノづくりへの挑戦を繰り返し、ステンレス製品の加工や、特殊工具箱にも力を入れ、小ロット・多品種・短納期に対応できるよう、先進設備を有効配備して、あらゆるテーマに高速・高機能に特化したラインレイアウトで時代の趨勢を先取りして製品化します。
物造りに対して、職人としての「精」をモットーに、より多くのお客様にお応え出来るよう努力しています。

企業紹介

[フレイラ]

使用器具や用途など、お客様のご要望をヒアリングし、オリジナルのオーダーメイドアルミケースを製作いたします。
完全オーダーメイドだからこそ、お客様のご要望に合わせた、より使いやすい収納ケースを実現いたしました。

電源を必要としないスピーカー

道具箱とは、ある作業を行うのに必要な道具類をひとまとめにして
収納する持ち運びのできる大きさの箱である。
箱という特性を利用しライフスタイルの変化に伴い
「持ち運びのできる・電源を必要としないスピーカー」を企画しました。

こんな会社です
会社名
中村精工株式会社
設立年月日
1970年(昭和45年)4月
代表者
中村 敏
従業員数
19名
資本金
12,000,000円
所在地

本社: 新潟県三条市中新 32番26号

こんな仕事をしています

箱屋さんのお仕事

中村精工はファクトリービジョンを通じてお客様に安心、安全に気を配り品質向上を目指す弊社の姿勢をご確認いただくことができます。
常にお客様の気持ちになって、誠心誠意の真心で日々、ものづくりを行っております。