株式会社昇工務店

  • 建設業

お客様の【一生に一度】に寄り添い、技術と工夫で安心と安全を提供する。

弊社は住宅の基礎工事をメインに型枠工事、造成工事、解体工事を行っている会社です。創業当時は先代社長と数人の従業員で営業していましたが、平成24年1月に法人成りをして現在は二代目社長の元7人の従業員にて頑張っています。さて基礎工事と言ってもイメージ出来ないかもしれませんが、住宅では建物を支える重要な役割を担っている構造物です。社員一同誇りを持ちお客様の為日々努力と工夫を凝らし仕事をしています。従業員が7人とまだまだ少ないですが30代の2名と20代の1名が中心となり現場を飛びまわっております。そして二代目社長も40代前半とまだ若く従業員を家族のように思い、福利厚生に力を入れております。夏には花火に従業員とその家族を連れて観覧に行ったり、秋には社員旅行、その他にも資格取得サポートや社員の意見を聞き、より社員が働きやすい職場作りを目指すなどいままでにない取り組みを行っております。なお、当社では技術よりもやる気や仕事に対する姿勢などの精神的な部分を大切にしていますので、未経験者でも大歓迎です。

企業紹介

企業発展を目指し、人づくり・安全・環境に取り組んでいます。

人づくりにおいて、お客様により良い商品を提供できるように、技術の向上をめざし、講習会や資格取得のサポートを行っております。安全については、安全装置付きの車に変更したり、安全帯や蛍光ベストなどの安全設備の配布を行っております。環境につては、廃棄物収集運搬の取得や分別の徹底、鋼製型枠の導入によるコンパネ使用の低減などでゴミの減量化に努めています。

地域特性を活かした施工の探求と技術の向上

我々の仕事はそれぞれの地域ごとに違う土質や形状、条件や天候によりすべての現場が異なります。先代の時代から地元に根差した仕事を行ってきましたのでそれぞれの現場に合った施工を行うことが出来ます。また今までの経験に甘んじることなく日々よりよい施工の探求と、技術の向上に務めています。

お客さまの意見を聞き、理解し、きめ細かい対応をおこなう。

当たり前のことですが、工事前に打合せを行い、朝と夕方のミーティングにてお客様との打ち合わせ事項を確認し、現場の進捗状況と段取りを照らし合わせ工事に対応しています。

こんな会社です
会社名
株式会社昇工務店
設立年月日
平成24年1月1日
代表者
代表取締役 青木輝満
従業員数
7名
資本金
3,000,000円
売上高実績
平成28年 1億4千万円                                 平成29年 1億2千5百万円                                平成30年 1億4千万円
主要取引先
(順不同)                                       井口建設工業(株) (株)島田組 新越舗装(株) 大建企業(株) 高橋建設(株) (有)桐生工務店 (株)元店建設 (有)石坂工務店 (株)IFC 
所在地

本社: 新潟県南魚沼市黒土新田450番地6

こんな仕事をしています

お客さまの一生に安心安全を提供しています。

弊社では住宅の基礎工事をメインに仕事をさせていただいています。住宅の基礎は建物の一番最初に作られる構造物であり住宅を支えるもっとも大切な部分です。その基礎に欠陥があっては安心して住むことはもちろん大切な財産をお守りすることはできません。私たちは欠陥の無い安心安全な基礎の提供という大きな使命感を誇りに日々お客様の【一生に一度のお買いもの】を満足していただくために努力しています。

思い出の整理

弊社は住宅の基礎工事をメインに行っておりますが、住宅などの解体工事も請け負っております。住宅を解体するに当たり、お客様が長年住み続け、大切にしてきた住宅を解体することは毎回心がチクチクとなります。ですがそれはお客様の【新しい一歩の決断】として弊社でお手伝いできる丁寧な解体と分別の徹底を行うことで無駄のない可能な限りのリサイクルで安心していただける解体に務めています。

農地から宅地へ

現状の地盤から建物を建てられるように擁壁を築造したり盛土を行い地盤を強固に平坦に仕上げることにより、後に続く工事が滞ることなくスムーズに進捗することができます。